無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
ポール・マッカートニー&ウィングス/バンド・オン・ザ・ラン
0
    1973年のポールとウィングスのアルバム。アナログ盤で何度も聞きました。




    つべこべ言うヒマを与えずにポールの世界に引きずり込む、そんなアルバム。特に1曲目のバンド・オン・ザ・ランは、地味なイントロから大きな展開、ポップなメロディーとつかみはバッチリ。次のジェットもいいんですよね。もしかしたらポール・マッカートニーの才能の一番いいところが詰まっているアルバムかも知れません。

    70年代のアルバムというと、つい当時を回想してしまいがちですが、これは今でも新鮮に聞こえますね。30年前のアルバムとは思えない。すごいなぁ、ポール。
    | モモンガ | 音楽 | comments(0) | trackbacks(1) | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    http://carlsen.momonga-house.com/trackback/201952
    2006/04/09 7:08 AM posted by: 音楽の杜
    ウィングスのセカンドシングル。童謡曲のような、ポールらしい名曲! ジョン・レノンとポール・マッカートニー。詩人とメロディメーカー。対照的な二人。 洋楽ファンの多くは芸術家タイプのジョン・レノンを好んでいるかもしれません。しかしポップス好きの私として