無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
サービス改造中
0
    鎖骨の骨折も直って、ひさしぶりにテニスを再開してみると、ラケットでボールを打つ感じの気持ちいいこと。ストロークもボレーもひさしぶりだから思ったように打てないけど、やっぱり楽しい。スマッシュもまあまあ打てる。サーブは…。どうも気持ちよく打てない。テニス歴はだいぶ長くなったけど、しょぼいサーブにフラストレーションを感じていた。

    これもちゃんと直さないと。そう思ったのは、「テニス丸ごと一冊サービス―テニスなるほどレッスン (Tennis Magazine extra)」という本を読んでから。亜細亜大学の堀内コーチが身体を正しく使って、何度でも繰り返して打てるサービスの打ち方を解説している。実に理にかなった説明で、その気にさせられて、サービスの改造開始。

    ポイントは、身体のひねりを使って、ボールを斜め上に打って回転をかける。そうすれば確率が上がり、コントロールが付けやすくなる、というのが本の解説。そのためのトレーニング方法が説明してある。なるほどと思って、プロのサービスを見てみると、確かにそうやって打っている。

    まずは壁打ち。野川公園に出かけて、壁を相手にサーブを練習。まず最初の壁は斜め上。今まではボールの後ろを打っていたので、ラケットを振る方向にボールが飛んでいたが、今度はラケットとボールの方向が違う。これに慣れるのがむずかしい。素振りでは解説どおりのフォームができるんだが、いざボールを打とうとすると、つい斜め上ではなく前に打ってしまう。

    次の壁は、肘の外旋。下半身、上半身、肩、肘と回ってボールを叩くんだが、肘は親指を外に押し出すようにして回す。ということは、ボールを打ったラケットはボールの飛ぶ方向とは全然違う方向を向くことになる。これがまたむずかしい。うまくインパクトのタイミングに肘の外旋が合わなくて、フォームがギクシャクする。まだまだ練習中。

    今まではどう直したらいいかがわからなくてモヤモヤしていたけど、やっと、こうすれば良くなるという道筋が見えた。あー、長かった。もっと早くこの本を読みたかったよ。そしたら、あの試合やこの試合も勝てたかも知れないのに。
    | モモンガ | テニス | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    http://carlsen.momonga-house.com/trackback/989220