無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
しらびそ高原ヒルクライム大会参戦記
0
    自転車には、のんびり走る、遠くへ走る、速く走るなど、いろいろな楽しみ方があります。

    東京は関東平野にあるので、比較的平らな土地なので、私は遠くへ走るのをメインに楽しんでました。ロングライド派ですね。ところが松本に引っ越してきたらまわりは山ばかり。会社の自転車部に入ってみたら、坂好きばかり。

    「ロングライド派です。よろしくお願いします」と自己紹介したら、「美ヶ原上りましょう」とお誘いが。人の話聞いてますか?山登りは苦手なんですよ。でも、面白そうなので、登ってみました(笑)。全長21km、標高差1270mなんて生まれて初めてです。しかもコースの最初にすごい坂があるとか。

    そんなところがアパートから30分ぐらいのところにあるんですね。どんなだろう?と思って登ってみましたが、キツいの一言です。2時間近く坂を登り続けるなんて初めてですから、途中で何度か止まって休みました。なんとか最後まで登れましたが、キツかったです。

    美ヶ原の初体験に続いて、登ったのがしらびそ高原ヒルクライム大会。そう、大会なんです。年齢別にクラスが分かれていてちゃんと順位も出ます。もちろんヒルクライム大会に出るのはこれが初めて。

    朝5時に起きて、クルマに自転車を積み込んで飯田に向けて走り出します。軽だけど、自転車も積めるし、なかなかいいですね。

    高速を降りて山道を走ると、会場に到着。自転車部のメンバーも到着しています。さっそく自転車を降ろして、組み立てます。ストレッチ、ウォーミングアップをやって、少しコースを走ってみます。結構キツいですね。

    スタート時間になるとクラス別に並びます。隣の人と話しながら開会式を待ちます。飯田市長などスピーチが終わると、いよいよスタートです。

    この前の美ヶ原の経験から前半は抑えめ、後半にスタミナをもたせるというプランだったんですが、まわりに引っぱられて最初からかなり飛ばし気味。序盤で心拍数が100%を超えることが何回かありました。

    序盤を過ぎても厳しい坂が連続するので、抑え気味とは行かず、かなりオーバーペース。そのまま登り続けましたが、後半になるとがっくりペースダウン。辛くは無かったんですが、足がつりそうになって思うように動かせなくなっていました。一定のペースで淡々と頂上を目指す走り方になっていました。



    それでも山には必ず頂上がありますね。ついにゴールにたどり着きました。ヨレヨレでしたが、止まらずに登り切りました。初めてのヒルクライム大会で完走するのが目標でしたから、よしとしましょう。



    登り切って、そのまま倒れ込んで動けなくなるかと思いましたが、意外と落ち着いてます。頂上で景色を眺めて、休んでいると、だいぶ回復してきました。思ったより疲れなかった感じ。



    自転車部のメンバーとしばらく頂上にいたら、今度は下山です。スピードが出すぎるといけないのでバイクが先導してゆっくり降りていきます。ずっとブレーキをかけているので、足は疲れないけど、手が痛くなります。

    下界に下りると、もう祭りの後って感じで、人もまばらです。自転車をクルマに積んで、着替えたら、帰宅です。あー疲れたけど、面白かった。今度は美ヶ原の大会だ。また練習するぞ。←すっかり坂好きになっている(笑)。

    第4回しらびそ高原ヒルクライム
    | モモンガ | 自転車 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    http://carlsen.momonga-house.com/trackback/995012