無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
ハイロードでバイクフィッティングをやってみた
0
    今年、自転車を買い替えました。快適なんですが、しばらく乗っていると、このセッティングでいいんだろうか、フォームはどうだろう、といろいろ疑問が湧いてきましたので、バイクフィッティングを受けてみることにしました。

    今回は東京・武蔵小山のハイロードさんにお願いしました。実は、フィッティングは今回が初めてではありません。4年前にもハイロードさんにやっていただきました。そのときは、身長、股下、腕の長さなどの体格をベースにセッティングを出してもらい、ずっと快適に走れるようになりました。

    もう一度やろうと思ったのは、今年新しくCanyonを買ったことに加えてハイロードさんのフィッティングが体格中心から体の動き中心になったと聞いたためです。

    お店に行くと店主の青山さんが出迎えてくれます。今日は、夕方までずっとフィッティング作業ということで、貸し切りですね。

    まずは、どういう風に自転車に乗りたいか、今は何に困っているか、などについてインタビューです。私は、ヒルクライムとロングライドを楽に走れるよう希望!

    インタビューの後は、身体各部のアセスメントから始まりました。足の指、アーチなどを見てもらいます。その後は、足踏みをして体の動きを見てもらいました。これで、だいたい体の動きにクセがあればわかるそうです。骨盤の左側が下がっていますね、とも指摘されました。うん、思い当たることがありますね。

    次に自転車に乗って固定ローラーを回します。まずはその様子を青山さんがじーっと観察し、気づいたことを話してくれます。それに答えていると、フィッティングのおおまかな方向性が決まるようでした。

    次は、足首、膝、腰、手首にマーカーを付けて、ローラーを回し、動画を撮影します。撮影後、動画をいっしょに見ながら、ペダリング中の足首、膝、腰の動き方とクランクの上死点、下死点でのそれぞれの角度を測ります。私の場合は、腰の位置が安定せず、サドルの上で動いてしまう欠点があることがわかりました。また、上死点、下死点での角度からサドルが少し高いこともわかりました。動画で見せられると、一目瞭然。これはいいですね。

    動画から得られたデータからクリート、ブラケット、サドルの位置を調整してもらい、もう一度ローラーを回します。フォームについては、背中を曲げずに腰を自然に伸ばして体重をペダルにかけるようにした方が楽に回せるとの指摘でした。新しいフォームに慣れるようにアドバイスをしてもらうと、ほほぉ、なるほど、ぐっと楽になりますね。

    フィッティングとフォーム指導は、これでだいたい完了。あとは、画像とフィッティングのデータ作成をしてもらい、今日のおさらいを青山さんとやって終了です。

    12時半から始めて、終わったのは4時頃。工賃と交換パーツも含めて4万円ほどの金額。決して安くはありませんが、自分の身体の特性に自転車を合わせられること、効率の良いフォームを身につけられること、この2つがいっぺんに行えるので、十分に価値があると思います。

    フィッティングをやったのが10月だったのでレースシーズンは終わっていましたが、ロングライドやヒルクライムでは以前よりもだいぶ良くなったと思います。来年のレースシーズンが今から楽しみです。



    JUGEMテーマ:スポーツ
    | モモンガ | 自転車 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
    Comment
    2013/12/12 11:16 PM posted by: ぼっち
    ここでもやまめ乗りの様な乗り方を教えていますね。これからしばらくはやまめが主流になリそうです。トライアスロンやロングライドで体に無理をさせないという点ではとても良いと思うのだけれど、競輪選手のようなパワー系の乗り方ではないような気がします。あのS先生に向いているのかなあ?
    2013/12/13 12:27 PM posted by: モモンガ
    ぼっちさん、コメントありがとうございます。

    「背中を曲げずにペダルに体重」のやまめ式ですね。確かにゴールスプリントなんかには向いていないと思いますし、乗り方によっては向き不向きもあるでしょうね。

    重いギアを踏みたい人がやまめ乗りをすると、どうなるか?という実験ではないかと思っています。
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    http://carlsen.momonga-house.com/trackback/995049